<既婚男性ともてない女の生活>既婚男性ともてない女の生活~気団喪女(キダンモジョ)~2ちゃんねるの「既婚男性板」と「もてない女板」「生活板」の面白レスをとりあげているまとめサイトです。基本短レスです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2ちゃんまとめサイトの新着おすすめ記事

スポンサー広告カテゴリの最新記事一覧

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

※僕らの知らない生活をする人たち 54人目※

528 名前:おさかなくわえた名無しさん メェル:sage 投稿日:2011/02/19(土) 02:45:29 ID:5CyPMflh
鳥インフルエンザで殺処分する係の話。

基本的に現場の作業員は県の職員。
ふだん特に畜産と関係ない仕事をしているんだが、上司から
夜電話がかかってきて、翌日早朝の集合を命じられる。
集まったらバスに乗って移動。3時間後に発生地に到着、
まず、地元の保健所で健康診断(体温、血圧と問診)。
現場の農場近くの公民館で、白い防護服を着て手袋と長靴と
ゴーグルを着ける。手袋や長靴の開口部はガムテで塞ぐ。
(誰だかわからなくなるので、名前を服の前後にマジックで書く)
宇宙人みたいなかっこうで、石灰が真っ白に敷き詰められた
敷地内に入って、作業の段取りを指示される。
作業の指揮は家畜保健衛生所という部署の専門職員がする。
(防護服に赤いマークが入っている。)

作業内容は、鶏舎に入って鶏を捕まえ、米の出荷袋に詰めて並べる。
その袋に、専門職員がボンベから炭酸ガスを入れて窒息死させる。
捕まえようとすると逃げるし、突っついてきたりする。
冬だけど鶏舎の中は温度があるし、防護服とゴーグルが蒸れるので
作業中はすごく暑い。ゴーグルが曇ってよく見えない。
袋に詰めて縛ると、中でコッコッと鳴いたり動いたりするので、
かわいそうになるが、とにかく数が多いので、罪悪感はすぐ麻痺する。
作業は時間で区切られ、1時間作業したら1時間休み。
時間が来たら整列して、ひとりずつ全身に消毒液を浴びせられる。
(けっこう内側の服まで染みてくる)
公民館に戻って防護服などを脱いで休憩。全員汗まみれ。
ゴーグルと長靴以外はその場で廃棄。
最初は1時間作業→1時間休憩ってのんびりしすぎだろうと思ったが、
防護服が蒸れて苦しいので、長時間の連続作業は無理っぽい。
(熱中症で倒れた人がいた。)


529 名前:おさかなくわえた名無しさん メェル:sage 投稿日:2011/02/19(土) 02:46:35 ID:5CyPMflh
現場には100人ぐらいの職員が送り込まれていて、班分けして
休憩時間をずらしてローテーションしているので、常時50人ぐらいが
現場作業にかかっている。
自分の班は昼前から夕方まで3回現場に入った。
最後の作業が終わり、揃ったところでバスに乗って保健所へ。
また健康診断(問診と体温)。希望者は10日分のタミフルをもらう。
記録用紙を渡され、10日間は朝夕の体温や自覚症状を記録するよう指示。
全員健康診断が終わったら、バスに乗って帰路。夜中着、解散。

作業員は県下あちこちから、まんべんなくお呼びがかかる。
(発生地が県のはじっこだったので、移動時間がとにかく長い。)
自分の組は昼前から夕方だったが、入れ替わりに夕方から夜中にかけて
作業する組が到着。ローテーションで、現場は24時間連続で作業。
自分たちは殺す係だったが、後になったら集めて埋める作業や、
鶏糞を処理する作業も担当する。
自分の部署にも2度目のお呼びがかかったが、2度目は1度目とは
違うメンバーが割り当てられる。

鳥インフルエンザが出たときの対処はあらかじめ決められているけど、
実際に人が動くと混乱することがいろいろ出てくる。
資材が足りなくて待たされたり、食事の用意不要と言われて行ってみると
食事は用意されていなかったり。もっと重大な災害が起きたら、
さぞ大変だろうと思う。
現場行ったらマスコミが数社来ていて、テレビの中継車までいた。

職場は部署にもよるが、2割ぐらいは女性職員もいる。
が、現場へ送り込まれたのは98%ぐらい男性。男女共同参画(笑)。
ただし、家畜保健衛生所の専門職員(獣医)はもともと女性が多く、
男女問わず全員現場へ張り付き。


530 名前:おさかなくわえた名無しさん メェル:sage 投稿日:2011/02/19(土) 02:48:20 ID:5CyPMflh
後から夢に出るようなトラウマ作業になるかと覚悟していたけど、
精神的には思っていたほどきつくなかった。直接的に殺す作業では
なかったから、というのもあるかも。
(夏場で、しかも大きな哺乳類を処分していた宮崎の口蹄疫の現場は、
さぞ凄まじかっただろうと思う。)
ただ、二度とやりたくはない。もちろん、必要なら動員されるけど。





感染爆発―鳥インフルエンザの脅威
感染爆発―鳥インフルエンザの脅威マイク デイヴィス Mike Davis

紀伊國屋書店 2006-03
売り上げランキング : 330480


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

感染爆発―鳥インフルエンザの脅威
2ちゃんまとめサイトの新着おすすめ記事

生活板カテゴリの最新記事一覧

| 生活板 | 09:50 | コメント:1 | TOP↑

COMMENT

1981: 名前  Mr.&Miss.名無しさん  投稿日:2011/03/01 17:26

共同参画つったって実際役に立たなさそうじゃねその現場じゃ
宿直だの警備だのと同じで平等にしたら体格審査なり格闘技の級なり必要だろう










以前の記事 | PAGE-SELECT | 新しい記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。